fc2ブログ

Luire blog

柏の美容室(美容院) LuireのBLOG

ひな祭り

こんばんは、由果です

今日はひな祭りでしたね

hinamatsuribig.jpg


ひな人形は飾られましたか

私の実家は毎年母親がひな人形を飾ってくれています

この時期は、なかなか実家にも帰れないため、最近は何年もひな人形を見ていない気がします

ひな祭りの由来を調べてみるとこんなことが書いてありました

ひな祭の起源は平安時代中期(約1000年前)にまでさかのぼります。
その頃は三月初めの巳の日に、上巳(じょうし、じょうみ)の節句といって、無病息災を願う祓いの行事をしていました。

陰陽師(おんみょうじ、占師のこと)を呼んで天地の神に祈り、季節の食べ物を供え、 また人形(ひとがた)に自分の災厄を託して海や川に流すのです。

また、その頃、上流の少女たちの間では“ひいな遊び”というものが行われていました。ひいなとは人形のことです。


紙などで作った人形と、御殿や、身の回りの道具をまねた玩具で遊ぶもので、いまの“ままごと遊び”のようなものです。

長い年月の間に、こうした行事と遊びが重なり合って、現在のようなひな祭となりました。

ちなみにひな祭りの料理にもこんな由来がありました

ちらし寿司
ちらし寿司は、昔から祭礼の日など料理として作られることが多かったようです。3月は、季節の変わり目で体調を崩しやすいことから、健康を願って体にいいものを食べさせたことが始まりです。



はまぐりのお吸い物
はまぐりが他の貝とは絶対に殻が合わないことから一夫一婦の願いを込め、お祝いの膳にお吸い物として添えられるようになったということのようです。



菱餅(ひしもち)
菱餅の起源はざまざまありますが、元来宮中でお正月に食べられていたものだとされています。その頃は春分からの1ヶ月間がお正月であったため、ひな祭りの時期は今でいうところの「鏡開き」の時期だったのです。
菱餅は、下から緑・白・ピンクとなっており、それぞれ「草萌える大地」「雪の純白」「桃の花」を表します。春が近づく季節、溶けかかっている雪の下に緑の草が息づき始め、春の訪れと共に桃の花が芽吹くという、組合せなのです。緑の餅は厄を払い増血効果があるヨモギで作られます。白い餅は血圧低下の効果があるとされるヒシの実を入れ清浄を表し、ピンクの餅は解毒作用のあるクチナシで赤味をつけ健康を祝うという意味があります。

色々調べてみると、日本のすばらしい文化を知ることが出来ました

ただひな人形を飾り、ちらし寿司を食べるのではなくなぜこのような事を行うのか、食べるのか日本人として生まれてきたのだから、子供たちに伝え、その子供たちが大きくなったらまた次の世代に伝える、そうしていかなくてはいけないのですね

さっそく今晩は、ちらし寿司から作ってみます








Luireからのお知らせです


お陰様で先月2月25日でLuireは4周年を迎えることが出来ました
日頃の感謝の気持ちを込めまして、メンバーのお客様対象にただ今キャンペーンを行っております
誠に勝手ながら、数に限りがございますお時間のある時に是非いらして下さい
スタッフ一同心よりお待ちしております
  1. 2011/03/03(木) 21:17:51|
  2. Off Shot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<だんだんと… | ホーム | マンゴーの力♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://luire0225.blog47.fc2.com/tb.php/472-a842efb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)