FC2ブログ

Luire blog

柏の美容室(美容院) LuireのBLOG

おでかけのお供

こんばんは、由果です

毎日毎日暑い日が続きますね

24.jpg


外に出ると紫外線がジリジリあたるのを感じます

皆様もお出かけには日傘をさす方も多いと思います

そこで、今日はその日傘について書かせていただきます

20110115_1367157.jpg


まずは、その役割について

日傘の役割は、紫外線や、太陽光からお肌を守ってくれます

日焼けによる、シミやそばかす、肌荒れや、たるみの原因や、皮膚がんなどさまざまなことから守ってくれています


町で見かける日傘の色で多いのは、黒、白

201105~1


では、どういった効果の違いがあるのかといいますと、

白の日傘は紫外線を反射することにより、紫外線をカットしています

しかしすべての紫外線を反射できているわけではありません

布のすきまから入ってくる紫外線もあります



黒の日傘の場合は、紫外線を傘で吸収してしまうことにより、お肌に届く前に紫外線をカットしています

黒の日傘や衣服は紫外線だけでなく、可視光線や赤外線も吸収しています

赤外線を吸収しているから熱くなるのです

ただ、こちらもすべての紫外線を吸収できているわけではありません

しかし白の日傘と比べると、カットしている割合は高いようです

白の日傘と黒の日傘では紫外線のカットの仕方がまったく違うということなんですね

そしてもう1つ忘れがちなのは、地面の照り返し

照り返しを考えた場合、白の日傘よりも黒の日傘の方が圧倒的に有利です

白の日傘だと、照り返しされた紫外線が傘の内側で反射し、自分の方に向かってきます

それが黒の日傘なら照り返しされた紫外線も傘の内側で吸収できるのです

まとめると、なんだか黒の日傘のほうがいい気がしてきますね

しかし、黒の日傘は暑苦しいので使いたくない…という人も多いと思います

最近では、白の日傘でも、紫外線カット率の高い素材で作られた日傘も多くあるみたいですよ

紫外線を通しにくい素材は、ポリエステル・麻・綿の順番で高くなるそうです

しかし、一番効果の高いポリエステルは、熱を吸収しやすいという特性があるので、

日傘を差していても内側が暑くなってしまいます

涼しさを求めるのであれば、麻や綿、絹などの素材がいいみたいです

14836011_o1.jpg


色もそうですが素材によっても効果が違いがあるのです

今日は豆知識でした

熱中症も流行っていますし、お出かけの際にはぜひ日傘をさしてお出かけください


colorist 由果
  1. 2011/06/30(木) 22:26:35|
  2. Off Shot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月・8月の定休日 | ホーム | New アイテム♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://luire0225.blog47.fc2.com/tb.php/579-636dbeb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)